クレジットカードマニアの管理人が厳選した本当に良いクレカを紹介。 使いやすいクレジットカードを比較。年会費無料やゴールドカード、プラチナ、ブラックカードまで徹底的に比較!

クレジットカード比較の神様

【2017年版】年会費無料のクレジットカードランキング!

クレジットカードは非常に便利なサービスです。

もはや生活の一部として手放せないものになっています。

クレジットカードを使いこなすと生活が非常に便利になる事は今や常識といえますよね。

1枚のカードで上手にポイントを貯めている方や、クレジットカードのマニアで10枚以上所有している方、ポイントの二重取りが趣味の方など様々な方法でクレジットカードを活用している方がいらっしゃいます。

もちろんJALやANAのマイルを貯めるために、航空系のクレカを使っている方も。

しかし、年会費のかかるクレジットカードはやっぱり嫌だなと思っている方も多いのです。

毎年、年会費がかかってしまうのを負担に感じるのは嫌ですよね?特に、年会費有料の数枚クレカを持っているとその金額はバカになりません。

もちろん年会費がかかっても平気だという方も多くいますし、沢山良い年会費有料のクレジットカードはあります。

ただ当サイトでは最初の一枚や、複数枚所有する時に負担にならない年会費無料のクレジットカードで本当に良いと思ったものを紹介しています。

もし、今クレジットカード選びに迷っているのであればランキングをじっくり見ていただくことで何かヒントになる事があるかもしれません。

1位:リクルートカード

堂々1位でおすすめしたいクレジットカードはリクルートカードです。

カードブランドをJCBマスターカードVISAの国際ブランドから選択できるのもリクルートカードの強みです。使うシーンに合わせて国際ブランドを選択できます。

例えば、海外での利用が多い方ならマスターカードやVISAを選べますし、国内での利用オンリーならJCBがおすすめです。

もちろんリクルートカードの年会費は無料です。永年無料なので、ずっと無料です!

リクルートカードを1位に推す理由は、何と言ってもその高いポイント還元率です。

ポイント還元率は驚異の1.2%!!!

いつどこでお買い物をしても常にこのポイント還元率になるのがリクルートカードのメリットだといえます。

他にもリクルートカードは年会費無料なのに、電子マネーへのチャージでもポイントが獲得できます。

nanacoや楽天Edy、モバイルSuicaなどへのクレジットチャージでもショッピングと同様に1.2%のポイント還元率です。

つまりリクルートカードを利用して電子マネーにクレジットチャージして、電子マネーを利用するとまたポイントが貯まるのでポイントの2重取りが可能です。

それぞれの電子マネーのポイントも貯めつつ、リクルートカードのポイントも貯まるのでどんどんポイントが貯まって本当に楽しくなります。

特定のポイントモールなどを経由してポイント還元率が増えるカードは多数ありますが、どこで使ってもポイント還元率が常に1.2%のリクルートカードは本当に凄いですね。

しかもリクルートカードの魅力は、ポイント還元率の高さだけではありません。

年会費無料なのに海外旅行傷害保険も付帯しているのです。海外旅行傷害保険は海外によく旅行に行く方にとっては絶対にあって損のないものです。

逆に海外旅行傷害保険がない状態で、海外に行くなんて怖すぎて考えられません。

リクルートカードの場合は利用付帯というリクルートカードを利用して、旅行代金や自宅から出発空港までの公共交通機関の料金を支払うことで補償されるものです。

自動付帯のクレジットカードもありますが、利用付帯でも電車賃やタクシー代などの小額の決済でも補償してくれるので、それほどハードルが高いわけでもありません。

それに旅行代金は高額になる場合がありますので、ポイント還元率の高いリクルートカードを使って支払うのがおすすめですしね!

更にリクルートカードは海外旅行傷害保険だけではなく、国内旅行傷害保険も付帯しています。

国内旅行傷害保険も同様に利用付帯ですので、公共機関や宿泊するホテル代金の決済にリクルートカードを使う必要があります。

年会費無料のクレジットカードで、海外と国内旅行の両方の付帯保険を補償してくれるカードは実はかなり少ないです。

高いポイント還元率に加えて、手厚い旅行時の補償もあるのがリクルートカードの魅力です。

2位:エポスカード

エポスカードは入会金・年会費ともに無料のクレジットカードです。

エポスカードは若い方に大人気のカードです。

会員数が非常に多く、最初に持つクレジットカードとして多くの方が選択しています。

エポスカードは、充実したポイントサービス、電子マネーへのクレジットチャージ、海外旅行保険自動付帯、キャッシングの手軽さなど非常に魅力が多い!

エポスカードのポイントサービスはエポスポイントで、還元率はリクルートカードよりは劣りますが交換先が豊富で使い勝手が良いのが魅力です。

エポスポイントはマルイの店舗でのお買い物に利用したり、エポスVISAプリペイドカードへの交換や、商品券、ANAやJALのマイルへも交換可能です。ポイントの使い勝手の良さはクレジットカードを利用する上ですごく重要なことですので、その点でエポスカードは優れています。

ポイントサービスの使いやすさに加えて、電子マネーへのクレジットチャージでもエポスポイントを貯めることができるのも魅力的です。

楽天Edyや、モバイルSuica、スターバックスカードなどへのクレジットチャージでもポイントが貯まるのでポイントの二重取りが可能です。年会費無料なのにこれは嬉しいですね。

キャッシングを利用するのであればエポスカードは、最初の30日間利息が無料になります!

初めてエポスカードでカードキャッシングを利用する方限定ですが、30日間も利息が無料になるのでキャッシングを気軽に利用できますね。

キャッシングに対して不安に感じている方はエポスカードなら安心してお金を借りることができるはずです。

エポスカードはキャッシング時に利用できるATMも多いのが嬉しいですね。

さらにエポスカードは海外旅行傷害保険が『自動付帯』しています。エポスカードを契約して持っているだけで海外旅行の際に怪我や病気などで病院に行くことになっても補償してもらえます。

自動付帯なら、カードの利用し忘れなどで補償が受けれなくなることもありませんので安心できます。利用付帯の場合は、カードを利用していないと補償が受けられないのですが、その点もエポスカードなら心配無用です。

年会費無料のクレジットカードでここまで充実した補償があるのはエポスカードの強みです。

3位:楽天カード

3位にランクインしたのは有名すぎて知らない方はいないであろう「楽天カード」です。

楽天カードの一番の魅力は楽天市場でのお買い物がお得になるということ。

楽天カードを利用して楽天市場で商品を購入するとポイント還元率が非常に高くなります!

楽天市場でのお買い物がメインの方は、どのクレジットカードよりも楽天カードを選択するべきでしょう。圧倒的に楽天スーパーポイントの貯まるスピードが早くなります。

楽天カードは常に通常の楽天ポイント会員の4倍もの楽天スーパーポイントを獲得できます。楽天市場アプリと組み合わせると5倍、楽天モバイルを利用していれば最大6倍にもなるので楽天市場を利用してお買い物をするなら楽天カードを使わないのは損になってしまいます。

ポイント還元率と、ポイントの使いやすさが楽天カードの最大の魅力です!

楽天カードにもリクルートカードやエポスカードと同様に年会費無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が付帯しています。

楽天カードの場合は海外旅行傷害保険は利用付帯にはなりますが、補償がついているのとついていないのでは大きな違いですのでクレジットカードを選ぶ際のポイントとして重要視しておきたいですね。

年会費無料のクレジットカードには海外旅行傷害保険がそもそも付帯しないものも多くあるので、利用付帯だとしても付帯しているクレカを選ぶのがおすすめです。

Copyright© クレジットカード比較の神様 , 2017 AllRights Reserved.