クレジットカードマニアの管理人が厳選した本当に良いクレカを紹介。 使いやすいクレジットカードを比較。年会費無料やゴールドカード、プラチナ、ブラックカードまで徹底的に比較!

クレジットカード比較の神様

年会費無料

年会費無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカードまとめ

更新日:

海外旅行 保険

海外旅行に行った先で怪我をしてしまうと、恐ろしいことになるという話を聞いたことはないでしょうか?

「そんなの都市伝説では?」

と思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

実際に海外で怪我や病気でとんでもない治療費を払ったという方は多いのです。

多い場合には数百万円にもなる治療費を、その場で現金でポンっと支払うことができるお金持ちの方は良いですが、普通はそうはいきません。

最悪の場合は、治療費を払うために借金を背負うことになるかもしれないのです。

そんな事にならないためにも、海外旅行保険で治療費を補償してもらうのが良いのです。

年会費無料で海外旅行保険が付帯するクレジットカードまとめ

まずは、海外旅行に行く際に一番良いのは海外旅行保険に加入するということです。

クレジットカードの保険ではなく、単体で海外旅行保険に加入するのがおすすめです。

1000円台〜2000円台で加入でき、治療費用が最大1000万円まで出るプランなどが有るので、別途で海外旅行保険に入っておくというのが一番海外旅行での怪我や病気への対策となります。

このような海外旅行保険は、損保ジャパン日本興亜やAIU、三井住友海上などから販売されています。

前置きとして、海外旅行保険には単独で加入しておくのが良いという事は知っておいて欲しいです。

しかし、年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険が付帯するものがあるのです。

今回の記事では、海外旅行保険が付帯するクレカを紹介します。

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカードには、海外旅行保険が自動で付帯します。

横浜インビテーションカードは年会費無料のクレジットカードです。しかも自動付帯ですので、一切カードを利用して支払いをしなくとも海外旅行時の怪我や病気が補償されます。

横浜インビテーションカードの補償内容

保険の種類 保障金額
傷害死亡 最高2000万円
後遺障害 80万円〜2000万円
傷害治療費用 最高200万円
疫病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害(免責3000円)  最高20万円
救援者費用 最高200万円

横浜インビテーションカードの自動付帯保険では、最高で現地での傷害治療費用、疫病治療費用が最高200万円まで補償されます。

200万円という金額についてですが、正直これだけで十分とは言えません。

海外での治療費用は200万円を超える事がありえます。

しかし、クレジットカードの海外旅行保険の傷害治療費用、疫病治療費用というのは合算する事ができますので一枚のクレジットカードだけの分を利用するわけではありません。

何枚も合算できますので、メインで他のクレジットカードを使っていても、他に年会費無料のクレジットカードを複数枚持っておけば全て合算されます。

それだけで1000万円近くの補償金額になるので、安心して海外旅行に行くことができます。

エポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費無料のクレジットカードです。

エポスカードも横浜インビテーションカードと同様に自動付帯で海外旅行保険を利用できます。

エポスカードで支払いを行わなくとも、海外旅行時の補償を受けることが可能です。

エポスカードの補償内容

保険の種類 補償金額
傷害死亡・後遺傷害 最大500万円
傷害治療費用 200万円(1事故最大)
疫病治療費用 270万円(1疫病最大)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故最大)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の最大)
携行品損害(免責3000円) 20万円(1旅行・保険期間中の最大)

エポスカードでは、傷害治療費用は200万円、疫病治療費用270万円までの補償があります。

年会費無料のクレジットカードとしては非常に優秀な金額になっていると感じます。

特に疫病治療費用の270万円は良いですね。

例えばですが、年会費無料の横浜インビテーションカードとエポスカードを持っておけば傷害治療費用400万円(合算)、疫病治療費用470万円(合算)まで補償されます。

これが年会費無料のクレジットカードの複数枚持ちのメリットです。かかる費用は無料なわけですから、絶対にお得ですよね。

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料にも関わらず高還元率のクレジットカードです。

いつでも還元率1.2%という驚異のクレジットカードです!

リクルートカードの海外旅行保険は、自動付帯ではなく利用付帯です。利用付帯ですので、旅行に出かける際に最低でも一度は公共交通機関等の支払いで利用しないといけません。

空港までに行く際の電車やバスなどの切符をリクルートカードで支払いすれば良いだけですので、ハードルは低いといえるでしょう。

リクルートカード(JCB)の補償内容

保険の種類 補償金額
死亡・後遺傷害 最高2000万円
傷害治療費用 100万円
疫病治療費用 100万円
賠償責任 2000万円
携行品損害 20万円限度
救援者費用 100万円

リクルートカードの傷害治療費用、疫病治療費用は共に100万円です。

横浜インビテーションカード、エポスカードに比べると金額が低くなりますが、リクルートカードは還元率が高いので持っておいて損のないクレカです。

複数枚持ちのラインナップに、ぜひ考えたいのがリクルートカードです。

海外旅行保険だけを見ると自動付帯ではありませんし、金額もそこそこですが魅力的なカードな事に変わりないですね。

楽天カード

楽天カード

年会費無料のクレジットカードとして有名で数多くの方が使っているのが楽天カードです。

実は楽天カードは、楽天市場で使うとポイント還元率が凄いクレカなのですが、それ以外にも海外旅行保険も充実しているのです。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯です。先ほどのリクルートカードと同様です。

利用条件(補償条件)は、海外旅行出発時の空港までの公共交通機関か旅行代金の楽天カードでのお支払いです。

楽天カードの補償内容

保険の種類 補償金額
死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疫病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害  20万円

楽天カードの傷害、疫病治療費用の補償金額は共に200万円です。

かなり良い補償金額といえます。

ただし利用付帯になるので、楽天カードをメインで利用する場合には海外旅行に行く際には必ず電車の費用など楽天カードで支払うようにしましょう。

せっかくの海外旅行保険が利用できないと意味がないですもんね!

まとめ

今回は厳選した4枚のクレジットカードを紹介しました。

どのクレカも全て年会費が無料だということがポイントです!

年会費無料でなおかつ海外旅行保険が付帯するクレジットカードは最低でも1枚以上は持っておくのがおすすめです。

冒頭にも書いたように、クレジットカードではなく海外旅行に行く際には必ず『海外旅行保険』に加入するという事も大事なことです。

しかし、費用もかかるし何だか面倒だと感じてしまう場合には最低でもクレカを持っておくことが必要です。

もちろん海外旅行保険が付帯しているクレカでないと意味はありません。

海外旅行保険にも、海外旅行保険の付帯したクレカも持っていないと本当に取り返しのつかない事になってしまう可能性もあります。海外での治療費がきっかけで破産してしまう方もいるようです。

その点では、今回紹介した4枚のようなクレカを2枚ほど所有しておくことで海外旅行時の安心感を無料で手に入れられるのは嬉しいですね!

-年会費無料

Copyright© クレジットカード比較の神様 , 2017 AllRights Reserved.